神経・歯髄(しずい)を取るか否か? われわれ歯科医師は神経・歯髄を温存したままかぶせ(クラウン・インレー)を作るか、神経・歯髄を除去した後にかぶせ(クラウン・インレー)を作るか…非常に悩ましいことが多々あります。
理想論を語れば、どうしても取らざる得ない場合にのみ神経・歯髄の処置(除去)は行い、できるだけ神経・歯髄は温存した方がよいです。
…が、実際の臨床において結構な確率で神経・歯髄の処置を施します。それは、神経ギリギリまで歯を削った(=歯は小さくなる)後に、その部分を大きな金属(金歯・銀歯等)にて補綴修復すると、熱(この場合の熱とは冷たいもの・熱いもの両方)が修復金した金属介して神経に伝わり、治療したところが『しみる!』『痛い!』という、症状がでて来ることがあります。耐えられる程度の症状であればそれを『知覚過敏症状』と言う場合もあり、知覚過敏症の処置をおこなったり、そのまま慣れて行っていただければよいと思うのですが、『痛い!耐えれない!』となると、せっかく治療した歯を外した上で、再度神経・歯髄の処置を含む治療をおこなうこととなり、2度手間=時間的コスト+経済的コストも生じます。対応策として、金属ではなくセラミック等の熱伝導率(この場合の熱とは冷たいもの・熱いもの両方)の低い材料を用いる事により、『しみる!』症状の発生確率を低くすることはできますが、絶対にしみない!と言うことにはなりません。



<症例>
もともと銀歯が装着されておりました。『しみる!』との事で来院されました。レントゲン検査をしたところ『むし歯』があることがわかりましたので、銀歯を除去しました。『むし歯』を除去していったところ相当深く削りましたので、神経を守るために『歯髄覆罩:しずいふくとう』という処置を行った後に、セラミックにて部分修復をいたしました。処置終了直後は『知覚過敏』症状があらわれましたが、現状にて約1ヶ月経過観察を行ったところ『知覚過敏』症状も治まりましたので完了としました。

むし歯治療の基本は『細菌に感染した歯質』をしっかり除去することであり。それを忠実におこなう程、神経に近づいて行くことになると同時に、大きく修復することにもなります。
鷲尾歯科医院では、患者さまのできるだけ神経は取りたくないというご要望をお伺いしつつも、神経・歯髄を残したいがために、むし歯を取り残してしまうという事のないように心がけています。

3mix  5mix-MP法

<院長の雑談>
私、鷲尾拓志の左上奥から2番目の歯は、はっきり言って『しみます!』。2009年10月に某歯科医院にて、むし歯の治療をして頂きました。私は抜髄(神経を取る)処置覚悟で受診したのですが、『多少の痛みがあっても、ていねいにむし歯を除去し、歯を守ることが大切』tというコンセプトから、ちょっと無理しても神経・歯髄を残してもらいました。約2カ月経過観察し、歯髄炎までには至っていないとの判断をし、セラミックにて修復してもらいました。・・・が、はっきり言って『しみます!』『痛いです』 。左側でアイスクリームは無理です!生ビールも『しみます』。残念ながらシュミテクトも効きません。でもずいぶん慣れて来ました。もう少し神経が生きていること(=痛み)を感じながらこのまま行こうと思っています。
  

診察時間

平日(月・火・水・木・金)
午前 8:45~13:00
午後 14:00~18:30

休診:土・日・祝

お約束・予約電話番号

TEL 06-6251-8060

鷲尾歯科医院アクセス

大阪市中央区本町4-2-12
東芝大阪ビル 4階

最寄駅:本町駅 8番出入口

アクセス詳細

Search