むし歯治療において、神経の処置を行う場合『抜髄処置』と『感染根管処置』に分別されます。

感染根管処置とは細菌に感染して、死んでしまった神経を除去すること言います。深い大きなむし歯をそのまま放置していたり、以前に神経・歯髄の処置(抜髄)を行った部分が再感染してくることや、歯が割れていたり、深い歯周ポケットがあり、そこから根管(神経の管)内に細菌が進入してくるような場合も、感染根管になってしまうことがあります。

要は何らかのトラブルが起こり、外部から根管内に細菌が進入してくる状態のままだと、感染根管になってしまうのです。

感染根管に対しては通常、根管治療(この場合の根管治療のことを、感染根管処置と呼んでいます)を行って根管内の細菌を除去する必要がありますが、感染根管治療を行っても十分に感染の除去が出来ないこともあり、その場合には歯根端切除術(前歯の単根歯が対象)が必要になったり、それでも効果のない場合は抜歯になってしまう場合もあります。

診察時間

平日(月・火・水・木・金)
午前 8:45~13:00
午後 14:00~18:30

休診:土・日・祝

お約束・予約電話番号

TEL 06-6251-8060

鷲尾歯科医院アクセス

大阪市中央区本町4-2-12
東芝大阪ビル 4階

最寄駅:本町駅 8番出入口

アクセス詳細

Search