歯周病は細菌(歯垢・プラーク)が主原因で発症し、症状が悪化していくのですが、細菌(歯垢・プラーク)だけでなく『たばこ(喫煙)』が原因で歯周病の症状が悪化し、さらにタバコを吸っている方は歯周病の治療を行っても反応が見えにくい(=治りにくい)といわれています。

●歯周病とタバコの関係
なぜタバコが歯周病の症状を悪化させ、治りづらくしてしまうのでしょうか?
みなさんご存じのとおり、タバコにはニコチンという物質が含まれています。その『ニコチン』が正常な体の反応を妨げます。歯周病に関係するものは2つあり、1つは『血流量の低下』、もう1つは『口腔内環境の悪化』と考えられます。

具体的には、正常な免疫力を有する人間の身体ではケガや病気をしても自然治癒力があります。ある程度の病気やケガであれば免疫反応によって自然にに治っていくのですが、タバコに含まれる『ニコチン』という物質は血液の流れが悪く、身体の抵抗力を下げるため、十分な血液をケガや病気の場所に運ぶことができない事になります。
よって 喫煙者 = 『病気にかかりやすい』 = 『歯周病になりやすい』 となり
さらに病気(歯周病)になっているにもかかわらずタバコを吸い続けていると、
    『病気が治りにくい』 = 『歯周病も治りにくい』 ということになってしまうのです!

またタバコにはニコチン以外にも多くの(有害)物質が含まれており、それらの物質が唾液の分泌量を減少させたり、歯垢(プラーク)を付着させやすくしますので、たばこを吸う人は歯周病になりやすく、歯周病が治りづらく、例え完治しても再発しやすいのです!
すなわち喫煙者=『口腔内環境』の悪い人となり 歯周病治療・予防のどちらにも好影響を及ぼすことはありえません。

たばこをやめない限り歯周病は治らない!とさえ言われていますので、歯周病を完治させ、再発を防ぎたい場合は、たばこをやめる事も1つの歯周病治療法と言えると考えます。

あるデータによると、『タバコ喫煙者は吸わない人に比べて2~6倍、歯周病になりやすい』とされていますので(喫煙歴が長く1日の本数が多ければ多いほど倍率は高くなります)、例え現在、歯周病になっていなくても、たばこを吸っていると歯周病へのリスクが高くなり、逆に禁煙すると歯周病へのリスクが下がりますので、歯周病を予防するためにも禁煙することをお勧めします。

歯周組織(歯ぐき・顎の骨・セメント質・歯根膜という歯を支えているパーツ)を積極的に再生さすことにより、歯の寿命を延ばすために行う処置法の事を言います。中でも主に歯周病で吸収してしまった骨を回復させることを目的としています。
代表的な歯周組織再生療法には、次のようなものがあります。

〇骨移植(自家骨移植、他家骨移植、人工骨移植があります)
  
〇GTR法(メンブレンという膜を使う方法です)
  
〇エムドゲイン(骨成長誘導因子:骨を作る事が可能かも?と、言われている薬剤を使う方法です)
  
〇骨移植・GTR法・エムドゲインの併用法   

歯周組織再生療法は手術(歯周外科治療:歯肉を切開し、骨が見える状況で行うもの)の必要があります。保険診療で言う歯周外科処置では歯周組織の再生はなかなか望めませんので、目的が異なると言っていいでしょう。
治療が成功するかどうかはどの方法を用いて治療を行ったのかということよりも、スケーリング・ルートプレーニングによって感染物質が徹底的に除去できているかどうかや、毎日のプラークコントロールがしっかりとできているかどうかなど患者さまご自身の治癒能力をいかに引き出せるかがポイントとなります。

歯そのものニ むし歯もなく健康であっても 歯の周囲にある歯周組織(歯ぐき・歯槽骨・セメント質・歯根膜)に問題があれば 本当の意味で健康なお口の状態とは言えないのではないでしょうか?
患者さまに一番なじみのある例は 歯ぐきの痩せによる歯根面露出です 
本来歯ぐきで覆われていなければならない部分が露出してくると 審美的に問題があるだけではなく 知覚過敏や露出歯根面(象牙質・セメント質)のむし歯の危険性が増加したり 付着歯肉の狭小もしくは喪失による歯周病の進行を進めることもあります 

 

また歯周形成外科療法をおこない 外科的に歯周組織の健全化(本来の正しい位置に、分厚い強い歯ぐきをつくる)を図ることにより、歯周病の進行を抑制する事が可能となると同時に むし歯の危険性を低減させ審美性も回復することが可能となります

 

診察時間

平日(月・火・水・木・金)
午前 8:45~13:00
午後 14:00~18:30

休診:土・日・祝

お約束・予約電話番号

TEL 06-6251-8060

鷲尾歯科医院アクセス

大阪市中央区本町4-2-12
東芝大阪ビル 4階

最寄駅:本町駅 8番出入口

アクセス詳細

Search